トップ / コンピューターとアルゴリズム

コンピューターとアルゴリズム

コンピューター処理

アルゴリズムとコンピューター

アルゴリズムはコンピューターの発展には欠かせないものです。アルゴリズムは計算方法や解決法のことです。1つの答えを出すのに単純に計算すると100回計算しなければいけないものが、最適な計算方法を使うことで10回や5回の計算で答えを出すことができます。現在のコンピューターの演算処理能力であれば100回程度の計算は即答えが出ますが、これが100億回やそれ以上の膨大な計算することになった場合に効果を発揮します。最適な計算方法を用いると1週間かかっていた分析処理が1時間で終わることができたりします。単純な計算だけではなく、画像処理や映像描写、暗号複合、検索など幅広く利用されています。もしかすると、新しいパソコンに買い換えなくても今のパソコンでも快適に使える日が来るかもしれませんね。

コンピュータ,ロック

アルゴリズムとコンピューター

IT業界に就職した人ならアルゴリズムは御馴染みとなり、コンピューターで問題を処理させる手順を表現されたものを言います。大抵はフローチャートなどの図表を用いて、視覚的に処理させる手順を構築することが行なわれ、それは言語を用いてプログラムを作成するプログラミングに入る前段階で行なわれます。コンピューターの得意とする問題処理は、反復継続して処理を行なったり、条件により分岐的な振り分け処理だったり等があります。明確で効率的なアルゴリズムの構築が行なわれないと、問題処理の起動自体が行なわれないこともあるため、それを構築する作業は重要な作業と言えるでしょう。

↑PAGE TOP